モバイル業界スナップショット:

6割超のソフトバンクショップが「Y!mobile」を併売 -キャリアショップ調査

株式会社MCAは、通信キャリア各社の「キャリアショップ」に関する調査を2019年2月に実施し、その結果を「キャリアショップの展開状況と店舗一覧2019春」として取りまとめた。前回に引き続き、その結果を取り上げる。

キャリアショップの定休日は「月1日」が大半

キャリアショップの定休日設定状況を集計したところ、「月1日」の休日を設けている店舗が全体の63.2%を占めた。なかでも「第2水曜」を定休日とする店舗は1200超(全体の約15%)と集中している。定休日の上位には、このほか「第2火曜」「第2木曜」などが並んでいる。

2018年5月の調査(以下、前回調査)でも月1日の定休日を設定する店舗は63.2%となっており、変化はほとんどみられなかった。

「Y!mobile」を取り扱うソフトバンクショップの比率は6割超まで上昇

最近、「ソフトバンク」と「Y!mobile」の両ブランドを取り扱うショップを見かけた方も多いだろう。今回の調査からは、急速に併売化が進む実態が明らかになった。

Y!mobile取扱店になっているソフトバンクショップの状況を集計したところ、既に1500店舗以上が併売していることが分かった。前回調査時点では1029店舗となっており、この7ヶ月で約500店が新たに取り扱いを開始した計算になる。

またこれとは別に、ソフトバンクショップとY!mobileショップを併設するケースも増えており、同社が2ブランドの一体運用を推し進める状況が鮮明となった。

本記事は、株式会社インプレス「ケータイWatch」内で弊社が執筆を担当している連載「DATAで見るケータイ業界」にて3月22日に公開された記事となります。
最新記事や過去の掲載分は「DATAで見るケータイ業界」もあわせてご覧下さい。
関連ページ

メールニュース「Mobile News Letter」
最新コンテンツを週1回配信中

モバイル業界スナップショット