まだ見えぬ、新プランの具体的な「提供条件」:

「ahamo」「povo」「SoftBank on LINE」の対応機種は?

昨年末から今年にかけて、通信キャリア各社が相次ぎ投入を決定した新料金プラン。なかでも、「20GBの通信容量」と「5分かけ放題」が組み合わさったオンライン専用プランは3社が2980円(「povo」は5分かけ放題のトッピングを付けた場合)で横並びとなった。一見するとこれで決着したかのように見えるが、3月の開始に向けて、まだまだ波乱がありそうだ。

モバイル業界スナップショット:

携帯各社の新料金プランの流れと今後

総務大臣による携帯料金引き下げ要請について、携帯大手3社の対応策が出そろった。今回は、携帯3社の新料金プランに至る大きな流れと今後について考察してみたい。