楽天は12月14日、携帯キャリア事業への新規参入を目指すと正式に表明した。総務省が新たに割り当てる予定の1.7GHz帯及び3.4GHz帯の周波数に対して申請を行うもので、認められれば新たな携帯電話会社が誕生することになる。

その背景には、携帯利用者のEC送客を狙うYahoo!・ソフトバンク陣営への対抗が見え隠れする。