モバイル業界スナップショット:

通信キャリア各社のポイントサービスを整理する

月々の携帯利用料金に応じ、通信キャリア各社が顧客に付与する「ポイント」は顧客囲い込みツールの1つとなっている。そこで今回は、各社のポイントサービスを整理してみたい。

総務省は19日に「電気通信サービスに係る内外価格差調査」の2017年度調査結果を発表した。東京と、ニューヨークやパリなど海外5都市(以下、諸外国)の料金プランを比較したものだ。

当コーナーでは先週、2016年度の調査結果から「通信料金は諸外国より3~4割高いが、端末代を含めれば諸外国並み」との結論を得た。今回はそのバージョンアップ版をお届けしたい。

菅官房長官が8月12日に「携帯電話料金は4割値下げできる」と突如発言したことで、国内の携帯電話料金に注目が集まっている。

この発言に対する反論としてメディアでよく引き合いに出されているのが、総務省の「電気通信サービスに係る内外価格差調査」(以下、総務省調査)だ。

東京と、ニューヨークやパリなど海外5都市(以下、諸外国)の料金プランを比較したもので、直近の2016年度版の調査結果概要によれば「東京の通信料金は、2GB、5GBでは中位の水準(諸外国並みの価格)、20GBでは高い水準(諸外国より高い価格)」とされている。

そこで今回は、国内携帯電話料金に関する議論のベースとなる情報を提供すべく、この総務省調査の中身を改めて取り上げてみたい。